宅地建物取引士試験合格教材(今井 秀樹)の口コミ評判レビュー

宅地建物取引士試験合格教材(今井 秀樹)の口コミ評判レビュー

宅建合格者

 

なんとか宅建士になりたいけど、試験が難しい。

 

それが宅建士ですね。

 

宅地建物取引士試験に合格しても、すでに何年も不合格している。

 

そんな方も少なくないでしょう。

 

毎年、合格者は15%程度ですので、ちょっと軽い気持ちで合格を狙っても宝くじに当たるくらい確率的にも厳しいものがあります。

 

そんな宅建士ですが、やり方によっては全くの素人からでも19日間勉強するだけで合格を獲得出来る方法があります。

 

しかも、再現性もあるという事で、宅建士に合格したいと狙っている方が密かに使っている勉強法です。

 

今年は絶対に宅建試験に合格したい、一発合格をして転職したい!

 

そんな方は是非参考にしてみて下さい。

 

 

≫宅地建物取引士試験合格教材はこちら

 

宅地建物取引士試験合格教材(今井 秀樹)のメリット

 

この宅地建物取引士試験合格教材(今井 秀樹)の最大のメリットは、短期化での大逆転合格を狙う方にとってお勧めだという点です。

 

不動産業界で働く人だけでなく、様々な業界に対する転職でのアピールとしても是非持っておきたいのが宅建士です。

 

ただ、勉強法が分からず苦戦している方も多いはずです。

 

そのような方に宅地建物取引士試験合格教材(今井 秀樹)は非常に人気が高いです。

 

どんな人に向いているのか?

 

  • 宅建の学習時間が足りない
  • 宅建試験まで残されている時間が少ない
  • 不動産業界で開業したい
  • テキストは1〜2度しか読みたくない
  • 問題集を説くのが苦手だ
  • 正解できなかった問題の理由を探るのが苦手だ
  • 手書きノートを作るのが苦手だ

 

宅建士の試験に出されるであろうポイントを、効率的に勉強したいと考えている方にお勧めです。

 

宅建士に合格するためには、試験に出題される個所を把握して、問われている設問について正しく理解し、あとは回答の仕方・正しい癖を身に着けるだけです。

 

宅地建物取引士試験合格教材(今井 秀樹)の口コミと評判

 

この宅地建物取引士試験合格教材(今井 秀樹)に出会う以前は、市販のテキストと問題集を使って勉強していました。

 

しかし、2年連続で落ちてしまったこともあり、自分の宅建士の勉強法を見直す必要があると考えていました。

 

この宅地建物取引士試験合格教材(今井 秀樹)のおかげで、自分が今までいかに余計な知識を記憶したり、覚える必要がない論点に囚われていたのか痛感させられました。

 

宅建士の試験が、相対評価試験であるという観点が抜け落ちていたことだけでも、この宅地建物取引士試験合格教材(今井 秀樹)に出会えて合格を手繰り寄せられた理由だといえます。

 

宅地建物取引士試験合格教材(今井 秀樹)の口コミ評判まとめ

 

毎年10月に実施される宅建試験ですが、今年は10月と12月の2回実施される予定となっています。

 

まだまだコロナの影響で、試験自体が無くなるという可能性も残されてはいますが…

 

試験対策を行っている受験生にとっては、7月8月という時期が非常に重要となります。

 

この教材があれば、9月以降でも十分に対策が可能となります。

 

今年は何が何でも宅建士に合格したい!

 

そう考えている方であれば、状況を問わず手に入れておきたい珠玉の宅建試験教材です。